WORKS

HANAFUDA SHOUZOKU

Statement

Statement

HANAFUDA SHOUZOKU(花札装束)

When I was a child, my grandmother said ‘Anything with a shape will eventually be gone’, and what she told me has remained in my mind to this day. Back then, I had no doubt that some things would definitely last forever.

There is a Buddhist term, ‘Shogyo Mujyo’. ‘Shogyo’ means every bit of every phenomenon in this world, and ‘Mujyo’ means nothing lasts as it is, and constantly changes.

Memory has no physical form. People rely on material things when they recall their memories. But anything with a shape will eventually be gone. As a result, memories live on forever in their minds.

The idea of this work came to me when I found rotten food inside a box that my mother had sent me from my hometown. I felt so sorry when I thought of my mother’s affection towards me. The process of a food rotting and losing its form is taken for granted, but I strongly felt that I want to express my mother’s love in some kind of form. I portrayed the rotten food as the dead soul and chose one of the Japanese card games ‘HANAFUDA’ as a dress (SHOUZOKU) to send off the dead.

The reason I chose ‘HANAFUDA’ is that I often played ‘HANAFUDA’ with my grandmother who actually taught me the concept of ‘Shogyo Mujyo’. It is a tribute to my wonderful grandmother.

幼い頃、私は祖母から「カタチあるのはいつかなくなる」という言葉を聞いた。
今でもその言葉がとても印象に残っている。
その頃の私は永遠に続くものが必ずあるはずだと信じて疑わなかった。

仏教用語に「諸行無常」という言葉がある。
諸行とは、この世の一切の事物の現象を指し、
無常とは、一切は常に変化し、不変なものはないという意味だ。

思い出に物質的な形はない。
人は形ある物を介して思い出をたどる為、それに依存する。
しかし、形ある物はいつか無くなる。
その結果、思い出はその人の中で永遠に生き続けることとなる。

きっかけは、ふるさとの母からよく荷物が送られてくるのですが、
ある日、その箱の中で腐らせてしまった食べ物を見て、送ってくれた母のことを思うと非常に切ない気持ちになりました。
朽ちて形がなくなるということは当然のことですが、送ってくれた人の愛情を何かの形に残しておきたいと強く思いました。
朽ちていく食べ物を死者に見立て、送り出すための装飾(SHOUZOKU)として選んだのが、日本のカードゲームである花札(HANAFUDA)です。
「形あるものはいつかなくなる」という諸行無常の概念を私に教えてくれた祖母と、私が子どもの頃よくそれで遊んだからです。
そしてそれは祖母への賛辞でもあります。

back to top

This website uses JavaScript.
Please access enable JavaScript.